6 min
大規模修繕

中古マンションの雨漏り工事とは|原因や修理費用なども紹介

  • 中古マンションの雨漏り工事の修理費用は誰が負担するの?
  • 雨漏りの原因や、中古マンションにおける防水工事の内容や費用について詳しく知りたい!

中古マンションを購入する際に気になるのが、雨漏りをはじめとする建物の劣化や問題点ではないでしょうか。

特に雨漏りは、建物の耐久性や住み心地に大きな影響を与えかねません。

本記事では、中古マンションの雨漏り工事について詳しく解説します。

また、雨漏りの原因・修理費用・工事の流れなど、購入前に知っておきたい情報を紹介しています。

中古マンション購入を検討されている場合は、トラブル解決や回避の糸口としてぜひお役立てください。

防水工事なら新東亜工業

新東亜工業が選ばれる理由

  • 仲介業者を介さない工事で余分な外注費をカットできる
  • 確かな品質と施工スピードが強み
  • お客様満足度脅威の98%
  • 個人宅以外にマンションなどの大規模修繕にも対応

\\中間マージン0だから他社より安い//

中古マンションで雨漏りが発生した際の工事・修理費用の負担先

中古マンションを購入した後、雨漏りが発生した場合、修理費用の負担先はどこになるのでしょうか。

この問題について、以下のポイントを考慮しながら解説します。

雨漏りの原因と修理責任

雨漏りがあることをわかっていて購入しているのかどうか、重要事項説明書に記載されているか、購入してからの期間がポイントです。

中古マンションの場合、雨漏りの原因が占有部であれば買主か売り主のどちらかが修繕する必要があります。

原因が共有部の場合には、管理組合に相談し修繕してもらうことになります。

売り主負担になる場合

不動産売買では、事前説明・現状確認を行ったうえで契約するのが一般的です。

しかしここで見つからなかった瑕疵が契約後に判明した場合、売主に課される責任を瑕疵担保責任といいます。

瑕疵とは傷や欠陥のことで、雨漏りも瑕疵のひとつです。

売主が雨漏りを認識していなかったとしても、瑕疵担保責任により売主側が責任を負います。

買い主が雨漏りを見つけてから1年以内であれば、損害賠償を請求できます。

ただし、瑕疵担保免責が契約書に記載されている場合も少なくありません。

個人が売主の場合には、瑕疵担保責任を負う期間が1〜3ヶ月程度に設定されている場合が多くあります。

しかし中古物件の場合には売買契約が完了した後、早い段階で瑕疵が見つからない場合であれば買主負担で修繕することになるでしょう。

一方で売り主が不動産会社の場合には、物件引き渡しから2年が請求期限となっているため、個人から購入するよりは長い期間賠償に応じてくれます。

買い主負担になる場合

基本的に雨漏りは、瑕疵担保責任によって売主の責任となる場合がほとんどです。

しかし、売主に連絡する前に、まずは重要事項説明書を確認してみましょう。

もし雨漏りの記載がされていれば、雨漏りを承知のうえで購入したことになるため売主側に責任はありません。

購入前に雨漏りが起きたことを知らされていますので、買主負担で修繕する必要があります。

管理組合との協議

共有部の原因で雨漏りが発生した場合、管理組合に相談しましょう。

管理組合は共有部の修繕を行う責任を負っており、適切な対応をしてくれるはずです。

ただし、修繕には時間がかかることもあるため、早めに連絡を取ることが重要です。

雨漏りが起こる原因とは

建物の中でも特に雨漏りは、住まいにとって大きな悩みの一つです。

屋根や壁、窓などからの雨漏りは、建物全体の耐久性や住み心地に大きな影響を与える可能性があります。

この記事では、雨漏りが起こる原因について解説します。

天候や気候条件

雨漏りが起こる原因として考えられるのが、雨量の増加によるものです。

大雨や台風などの激しい雨が降ると、建物の屋根や壁に負荷がかかり、雨漏りの原因となることがあります。

また強風が吹くと雨水が建物の隙間に吹き込み、雨漏りの原因になる場合も少なくありません。

雨風のほかにも、気温の変化も挙げられます。

温度差によって建物に施された塗装や防水面が膨張・収縮を繰り返すことも、雨漏りにつながる原因のひとつです。

建物の老朽化や劣化

中古マンションで起こりがちなのが、建物の老朽化による雨漏りです。

長年の雨風や紫外線の影響により、屋根や外壁の材料が劣化して雨漏りの原因となることがあります。

また、窓やドアのシーリング材が劣化すると、雨水が室内に浸入しやすくなるのもひとつの原因です。

設計や施工上の問題

建物の設計上の問題や施工不良によって、雨漏りが起こることがあります。

これらの原因が重なることで、雨漏りが発生する可能性が高まります。

建物の管理や定期的な点検、修繕を行うことで、雨漏りのリスクを軽減することができます。

中古マンションにおける雨漏り対策

建物にとって雨漏りは大きな悩みの種ですが、適切な対策を取ることで被害を最小限に抑えられます。

ここからは、雨漏りの対策について見てみましょう。

定期的な点検とメンテナンス

雨漏りを未然に防ぐためには、定期的に屋根や外壁を点検し、劣化や破損があれば修理や補修を行うことが重要です。

また、排水溝の詰まりが原因で雨水が溢れることがあります。

屋上・屋根・外壁以外にも、定期的に排水溝の清掃を行いましょう。

適切な設備の設置

大規模修繕や防水工事の際に、屋上や壁に防水シートを設置することで、雨漏りを防げます。

また、雨水を適切に排水するための設備を設置することで、雨漏りのリスクを軽減できるでしょう。

外壁や屋上の補修

外壁や屋上の劣化が進んでいる場合は、早めに補修を行うことが大切です。

また窓やドアのコーキングが劣化している場合は、補修を行うことで雨水の浸入を防げます。

施工時の注意点

施工不良が雨漏りの原因になることがあるため、建築物を建設する際には、適切な施工を行うことが重要です。

また、施工に用いる資材の選定にも注目しましょう。

防水性能の高い材料を選定することで、雨漏りのリスクを軽減できます。

中古マンションで雨漏りにつながる劣化

中古マンションを購入する際に気になるのが、建物の劣化や雨漏りなどのリスクです。

特に中古物件は築年数が経っており、劣化が進んでいる可能性があります。

ここでは、中古マンションでよく見られる劣化箇所や、それが雨漏りにつながる可能性について解説します。

購入前にしっかりと点検し、必要なメンテナンスや補修を行うことで、快適な住環境を維持できるでしょう。

屋根・屋上

中古マンションの屋根や屋上は、築年数が経つと劣化が進みやすくなります。

特に、雨漏りの原因となる瓦や防水シートの劣化が起こりやすいです。

また、屋根のメンテナンスが適切に行われていないと、雨水の浸入や漏水が発生しかねません。

外壁

外壁も築年数が経つと劣化が進み、塗装の剥がれやひび割れなどが起こりやすくなります。

このように劣化した外壁は、雨水や湿気を内部に浸透させます。

窓やドア

窓やドアのサッシも、築年数が経つと劣化が進みやすい部分です。

特にシーリング部分は、紫外線の影響によって劣化が起こるため、雨漏りの原因となることがあります。

窓やドアの開閉時に水漏れや風圧による漏水が発生する場合は、早めの対処が必要です。

ベランダ・バルコニー

ベランダやバルコニーの防水層が劣化していると、雨漏りのリスクが高まります。

また、排水溝や隙間部分の劣化も雨漏りを引き起こす原因のひとつです。

そのため、一戸それぞれのバルコニーやベランダに対して、防水工事と定期的なメンテナンスが必要と言えます。

大規模修繕工事の新東亜工業はお客様満足度98%

お客様満足度98% ★★★★☆

新東亜工業が選ばれる理由

  • 仲介業者を介さない工事で余分な外注費をカットできる
  • 確かな品質と施工スピードが強み
  • お客様満足度脅威の98%
  • 個人宅以外にマンションなどの大規模修繕にも対応

\\中間マージン0だから他社より安い//

中古マンションで行う雨漏り工事の費用相場

中古マンションは築年数に伴い劣化が進んでおり、雨漏りしやすい状態にある可能性があります。

ここでは、中古マンションで行う雨漏り工事の費用相場について解説します。

費用相場の目安

中古マンションでの雨漏り工事の費用相場は、工事内容や規模によって異なります。

目安としては、以下のような金額が一般的です。

  • 屋根の雨漏り修理:10〜50万円程度
  • 外壁の雨漏り修理:10〜50万円程度
  • バルコニーの防水工事:5〜20万円程度
  • 窓やドアのシーリング修理:1〜5万円程度

工事内容や規模による変動

雨漏り工事の費用は、修理箇所・工事内容・建物の規模によって大きく異なります。

特に屋根の雨漏り修理や外壁の雨漏り修理は、部分的な修理でも全体の劣化状況によって費用が変動しやすい箇所です。

バルコニーの防水工事も同様で、広さや劣化状況によって費用が変わります。

修理箇所や工法による費用の違い

雨漏り工事の費用は、修理箇所や工法によっても変動します。

屋根の雨漏り修理であれば、瓦の交換や防水シートの張り替えなどが一例です。

同様に、外壁の雨漏り修理やバルコニーの防水工事でも、修理箇所や使用する材料によって費用が変わります。

複数業者からの見積もり比較が重要

中古マンションでの雨漏り工事を検討する際には、複数の業者から見積もりを取ることが重要です。

異なる業者による見積もりを比較することで、適正な価格設定や工事内容の確認ができます。

また、信頼性や実績も重要なポイントとなるため、口コミや評判も参考にすると良いでしょう。

中古マンションにおける雨漏り工事の流れ

中古マンションを購入し、いざ暮らし始めた際に雨漏りが発生した場合は、どのような流れで工事を進めるのでしょうか。

ここからは、中古マンションにおける雨漏り工事の一般的な流れについて解説します。

  1. STEP

    問題の発見と調査

    中古マンションを購入した際、最初に行われるのは雨漏りの問題を発見することです。

    これは、雨漏りの症状を見つけることや、前のオーナーや管理会社からの情報を基にした調査が含まれます。

  2. STEP

    専門家の診断と見積もり

    雨漏りの原因や修理方法を探るために、専門家による診断が必要です。

    専門家は、建物の構造や状態を詳しく調査し、修理に必要な作業や費用を見積ります。

  3. STEP

    工事の開始準備

    工事が決定されると、施工開始準備が行われます。

    これには、必要な材料・機器の手配・工事のスケジュールの調整などが含まれます。

  4. STEP

    工事の実施

    工事が開始されると、修理や改修作業が行われます。

    屋根や外壁の修理、防水工事の作業が一般的な施工です。

  5. STEP

    完了と確認

    工事が完了したら、工事が適切に行われたかどうかの確認が必要です。

    水漏れや劣化の症状が改善されているかを確認し、必要に応じて再調査や修正を行います。

中古マンションにおける雨漏り工事は、問題の発見から工事完了まで、さまざまなステップがあります。

適切な手順を踏んで工事を進めることで、雨漏りの問題を解決し、快適な住環境を保てるでしょう。

まとめ

今回の記事では、中古マンションでの雨漏り工事について以下のような内容を解説してきました。

  • 雨漏り工事の負担先は売主か買主かによって異なり、占有部の原因ならば買主で共有部の原因なら管理組合が修繕する
  • 売主に責任がある場合は瑕疵担保責任が適用され売主が費用を負担することになる
  • 買主に責任がある場合は雨漏りの情報が重要事項説明書に記載されていれば売主に責任はない
  • 雨漏りの原因は天候や気候条件・建物の老朽化や劣化・設計や施工上の問題などが挙げられる
  • 雨漏り対策としては定期的な点検とメンテナンス・適切な設備の設置・外壁や屋上の補修・施工時の注意が重要
  • 雨漏り工事の費用相場は屋根や外壁の修理が10〜50万円程度、バルコニーの防水工事が5〜20万円程度
  • 雨漏り工事の流れは、問題の発見と調査、専門家の診断と見積もり、工事の開始準備、工事の実施、完了と確認のステップがある

中古マンションでの雨漏り工事・修理費用の負担先は、原因や契約内容によって異なります。

売主が責任を負う場合もあれば、購入者が負担する場合もあります。

事前に契約書や重要事項説明書をよく確認し、トラブルを避けるために注意しましょう。

防水工事を含む修繕工事は新東亜工業がおすすめ!

中間マージン0だから他社より安い費用で工事が可能

中間マージン=仲介手数料

  • 大規模修繕工事
  • 解体工事
  • 防水工事
  • 外壁塗装
  • 屋根工事
  • シーリング工事
  • 長尺シート工事
  • 下地補修工事
  • 足場工事
  • タイル工事
  • 洗浄工事
  • 電気、水道、外溝工事等

大きな強みは「自社で完結」

施工価格と見積りには絶対的な自信を持っていますので、他社との相見積りも大歓迎です。

ご予算と現場調査の結果、長期的な視点での資産価値向上をバランスよく考慮し、お客様にとってベストな選択肢をご提案します。

関連記事
施工実績344件突破!WEB割キャンペーン実施中!