5 min

神奈川県横浜市でおすすめの外壁塗装業者10選と利用できる助成金

横浜市の皆様にあった外壁塗装業者のご紹介をしています

横浜市は、神奈川県の東部に位置するエリアで神奈川県の県庁所在地であり、県内最大の人口を有している市です。また、横浜市は都心から30分程度でアクセスができる、大都市ではあるけれども外国からの大型客船が就航する美しい港や開港当初からの面影を今の時代に残す歴史的な建造物、街並みに溶け込むよう配慮が行われている公園など、それぞれがバランスよく調和して洗練された見た目の良さを感じさせるなど訪れる人々を魅力させるエリアといっても過言ではありません。特に、中区にある山下公園や比較的新しいみなとみらい地区などは横浜市を代表する観光スポットもであり、国内外の人々からの注目を集めています。横浜市は18の行政区で構成されているエリアで、区域内には多数の路線が網羅されています。市域の中心になるのはJRなどが乗り入れしている横浜駅で、ここには市営地下鉄ブルーラインや京浜急行本線、相鉄線や東京東横線、みなとみらい線、JR東海道線や横須賀線、京浜東北線など多くの路線が集結している巨大なターミナル駅です。

横浜市の外壁塗装の費用相場

外壁塗装の費用相場は、家の面積や塗料の種類、施工業者などによって大きく異なります。一般的な戸建住宅の外壁塗装の費用相場は以下の通りです。

坪数塗装面積費用相場
約20坪約79.2㎡約40〜90万円
約30坪約118.8㎡約60〜100万円
約40坪約158.4㎡約80〜130万円
約50坪約198.0㎡約90〜160万円
約60坪約237.6㎡約120〜200万円

以下のような条件によって費用が大きく異なる場合もあります。

  • 家の面積・・・家の面積が広くなるほど、外壁塗装の費用も高くなります。
  • 塗料の種類・・・塗料の種類によって、価格が大きく異なります。一般的に、高性能な塗料ほど高価です。
  • 施工業者・・・施工業者によって、価格が大きく異なります。一般的に、大手業者よりも中小業者の方が安価です。

外壁塗装を検討している場合は、複数の業者から見積もりを取り、費用を比較検討することをおすすめします。

横浜市で外壁塗装工事が行える会社おすすめ5選

選定基準
  • Google の口コミ評判
  • 外壁塗装実績の豊富さ
  • 価格設定のわかりやすさ
  • 取り扱い塗料の種類

株式会社新東亜工業

代表者名代表取締役:高井 強
電話番号03-6658-5364
FAX番号03-6658-5365
設立平成24年1月
ホームページURLhttps://shintoa-tosou.jp/
横浜市の工事事例URL工事事例はこちら
対応可能な工事・外壁塗装工事
・屋根工事
・大規模修繕工事
・解体工事
・防水工事
・シーリング工事
・長尺シート工事
・下地補修工事
・足場工事
・タイル工事
・洗浄工事
・電気工事
・水道工事
・外構工事
対応エリア横浜市及び隣接区域
代表的な保有資格・許認可建設業許可 東京都都知事許可 (般-4)第142885号
一級建築士事務所 一級 東京都知事登録 第65008号
Googleビジネスプロフィールhttps://goo.gl/maps/mwwsUENsANdH8RfC8
ホームページ記載のメッセージ外壁は、24時間365日いつでも太陽の強い紫外線や風雨の影響をダイレクトに受け止め、居住者を守っていますので、経年劣化の影響を受けやすい箇所です。外壁を覆う塗装が劣化することで外観が損なわれるだけでなく、外壁材が劣化して爆裂や欠損が起こり、雨漏りへと繋がってしまいます。重大な問題が起こる前に塗り替えを行うことで結果的に建物の寿命を延ばすことができますので、長期的な意味で「投資」と言えます。
塗装についての知識や経験をそれほどお持ちでない方は、「どのようなタイミングで塗り替えるのが最善なのだろうか」とお悩みかもしれません。塗装メンテナンスの時期を決める上で参考にしていただけるように、ご覧いただいて判断できる塗装劣化の代表的な症状をご紹介いたします。

株式会社オーダッシュ

代表者名代表取締役:大貫 勝
電話番号03-3699-0742
FAX番号03-3699-0742
設立平成25年8月
ホームページURLhttps://o-dash2008.com/
横浜市の工事事例URLhttps://o-dash2008.com/jisseki
対応可能な工事・特殊塗装・内、外装一般塗装
・特殊左官・左官
・エイジング
対応エリア横浜市及び隣接区域
代表的な保有資格・許認可建設業許可 東京都都知事許可 (般-1)第150316号
有機溶剤作業主任者
高所作業車運転技能講習
Googleビジネスプロフィールhttps://maps.app.goo.gl/jfhQKFJ8EVNi6AX7A
ホームページ記載のメッセージ私どもは東京都江東区に拠点を構え、日本全国にて活動している塗装業者です。特殊塗装や特殊左官、エイジングなどの施工を手がけております。店舗での施工をご依頼いただくことが多く、商業施設(店内)・戸建て・マンション(外装)・ビルなどの施工にも携わった実績がございます。現場規模の大小を問わず、多種多様な建物に対する塗装を行なっております。
業歴22年の弊社代表を筆頭に、豊富な経験をもつ腕利きの職人がそろっております。いかなる現場においても迅速かつ丁寧な施工をご提供することで、多くのご依頼主さまより好評をいただいております。
これからも、さらなるサービスの向上にスタッフ一丸となって取り組み、美しい仕上がりの塗装工事・左官工事を安全第一で実施してまいります。

田中建装

代表者名田中直樹
電話番号0422-26-9679
FAX番号0422-49-7958
ホームページURLhttps://www.tanaken1105.com/
横浜市の工事事例URLhttps://www.tanaken1105.com/blog
対応可能な工事・外壁塗装工事
・屋根塗装工事
・防水工事
・シーリング工事
・足場工事
・内装塗装工事
・鉄部塗装工事
・アパート・マンション工事
対応エリア横浜市及び隣接区域
Googleビジネスプロフィールhttps://maps.app.goo.gl/wNKnTBAzNBqCWe3e7
ホームページ記載のメッセージ私たちはお問い合わせから完工まで、自社のみで対応しています。
それは自社施工の方が、よりお客様に寄り添って、施工を行うことができると考えるためです。
しっかりとご依頼いただくお客様の顔を見てご要望を受け止め、適切に施工へ反映すること。
想いの部分を汲み取り、お客様の理想を叶えること。
そうすることが、お客様からの信頼やご満足に繋がると信じています。
どんな些細なお悩みでも、まずはお気軽にご相談ください。
皆さまの住まいがいつまでも安心できるものになるよう、私たちも精一杯の力でお応えいたします。

ユーコーコミュニティー株式会社

代表者名代表取締役 伊藤豊
電話番号03-5989-0644
FAX番号03-3343-7682
設立平成21年
ホームページURLhttps://www.yuko-community.co.jp/
横浜市の工事事例URLhttps://www.yuko-community.co.jp/works/
対応可能な工事・外壁塗装工事
・屋根工事
・屋根葺き替え工事
・雨漏り防水工事
・外装内装リフォーム工事
対応エリア横浜市及び隣接区域
代表的な保有資格・許認可建設業許可神奈川県知事許可(般-2)第80883号
Googleビジネスプロフィールhttps://maps.app.goo.gl/pQLVLy4XoYE8NVsF9
ホームページ記載のメッセージ1927年グループ創業
16,000件以上の豊富な施工実績
ユーコーは、16,000件以上の施工実績がある塗装・リフォームの専門店です。さらに最高級フッ素塗装の工事実績は、10年連続で全国表彰されています。

株式会社彩⼋

代表者名代表取締役 新村 健⼀
電話番号03-3699-0742
FAX番号03-5734-1378
設立平成11年2月1日
ホームページURLhttps://www.reform-saiya.com/
対応可能な工事・外壁塗装工事
・屋根塗装工事
・内部塗装工事
・吹付け塗装工事
・店舗塗装工事
・特殊塗装工事
・足場工事
・防水工事
・シーリング工事
・左官仕上げ工事
・内外リフォーム工事全般
対応エリア横浜市及び隣接区域
代表的な保有資格・許認可東京都知事 許可(般-4)第156610
Googleビジネスプロフィールhttps://maps.app.goo.gl/SRXxR2BHe2cyihxj6
ホームページ記載のメッセージ彩八の塗装は“丁寧”で“安心”。
お客様の満足を大切にする
塗装会社です。
現地調査から工事完了まで完全自社施工の彩八は、お客様に寄り添って施工いたします。最低5年・最長10年の長期保証を設けておりますのでご安心ください。
他社のお見積り書でご納得・ご満足いただけない方は是非当社にご連絡ください。

その他横浜市内の外壁塗装業者一覧

ホームインテリジェンス株式会社

代表者名重 享(シゲ アキラ)
電話番号0120-170-110
FAX番号045-374-4372
所在地〒235-0005
横浜市磯子区東町15-32 モンビル606
ホームページURLhttps://home-intelligence.jp/

株式会社 匠美

代表者名井上直樹
電話番号045-262-1080
FAX番号045-308-7355
所在地〒232-0004
神奈川県横浜市南区前里町3丁目73 安井ビル 1F
ホームページURLhttps://takumi045.com/

えいぶす・ペイント鶴見本店

代表者名池原繁尊
電話番号0120-303-882
FAX番号045-717-9266
所在地〒230-0042 神奈川県横浜市鶴見区仲通1丁目54−23
ホームページURLhttps://eivs-paint.jp/

横浜市の外壁塗装工事施工事例

戸建て 外壁塗装工事

※上記掲載会社ホームページより引用

内容:RC 壁外壁塗装工事
工事期間:10 日間
使用材料:関西ペイント

外壁塗装を安く抑える方法

外壁塗装は、住宅の美観を維持し、耐久性を向上させるために必要なメンテナンスです。しかし、それには費用がかかります。ここでは、外壁塗装を安く抑える方法をいくつかご紹介します。

●複数の業者から見積もりを取る
外壁塗装の費用は、業者によって大きく異なります。そのため、複数の業者から見積もりを取ることで、相場を把握し、より安い業者を見つけることができます。

●閑散期に塗装を依頼する
外壁塗装の繁忙期は、春と夏です。この時期は、業者が忙しく、費用が高くなる傾向にあります。そのため、閑散期に塗装を依頼することで、費用を抑えることができます。

●自分で塗装する
外壁塗装は、自分で行うこともできます。ただし、塗料の選定や塗り方が難しいため、DIYに慣れていない場合は、業者に依頼することをおすすめします。

●補助金や助成金を受ける
自治体によっては、外壁塗装に補助金や助成金を行っている場合があります。これらの制度を利用することで、外壁塗装の費用を抑えることができます。

オトクな外壁塗装になるよう是非参考にしてみてください。

横浜市の外壁塗装で利用できる助成金

横浜市木造住宅耐震改修促進事業

対象工事

  • 基礎、柱はり、筋かい(耐力壁)の補強、軽量化のための屋根のふき替え等により、耐震診断による点数が1.0以上となる耐震改修工事
  • 建替え工事は対象となりません。

補助限度額

一般世帯 100万円
非課税世帯(※) 140万円

※世帯全員が、過去2年間、住民税の課税を受けていない世帯

取り扱いの行政機関

横浜市建築局建築防災課
住所:〒231-0005 横浜市中区本町6丁目50番地の10
電話 :045-671-2943

外壁塗装の基礎知識

家の外壁の寿命は何年?

外壁塗装の寿命の目安は大体10年といわれています。しかし、外壁塗装に使用する塗料の耐用年数や使用される塗料のグレード、さらには住宅のあるエリアの気候によって大きく変動するため、あくまでも目安としてとらえてください。

住まいの環境によって外壁の寿命に大きな影響を与えることもありますので、注意が必要です。例えば、以下のような外的な要因により、住宅の外壁の寿命が早まる傾向が見られます。

  • 紫外線や雨、風などを遮るものがない
  • 池や川が近くにある
  • 沿岸部にある
  • 工場地帯

また、塗装業者の施工の良し悪しも、外壁の寿命に大きく影響します。塗装工事を依頼する際は、これまでの実績が豊富で、経験や知識のある塗装業者を選ぶことが大切です

外壁塗装にをやらないとどうなる?

外壁塗装は、美しい外観を保つためだけでなく、外壁材を保護する目的でも行われる作業です。保護する役目の塗膜が寿命を迎えると保護機能が弱くなってしまうため、住宅へのダメージがどんどん蓄積してしまいます。

必要なタイミングで外壁塗装を施さないと、次のような事態を招きかねません。

  • 家の美観が損なわれる
  • 雨漏りが起こる
  • シロアリが発生する

外壁塗装をしないと、家の顔ともいえる外壁がボロボロになってしまい、家全体の見た目が大きく損なわれてしまいます。築年数が古くなるにつれて、外壁の色味もだんだん色褪せてしまいますし、なかには塗装が剥がれたり、ひび割れが起きたりするケースも少なくありません。

また、外壁塗装をしないまま放置することで、雨漏りが起こる原因となる可能性もあります。外壁は塗装によって、雨風や紫外線から守られていますが、経年劣化によって塗装が剥がれてしまうと、雨水が外壁から染み込みやすくなるからです。

雨漏りの状態が続いてしまうと、次第に建物内部の柱や土台を腐らせてしまい、建物全体の劣化を一段と加速させ、耐久性や耐震性も損なわれてしまいます。

さらに、雨漏りが起こる二次被害としてシロアリが発生するリスクも高まります。シロアリが発生してしまうと、建物内部の木材を侵食してしまい、建物の耐震性が低下する原因となるでしょう。

外壁塗装は行うべき?

結論からお伝えすると、外壁塗装は必要な工事の一つです。新築で使用される塗料の寿命はおよそ5~7年、塗り替え時に使用される塗料でも寿命は10年程度です。長い間、雨晒しや紫外線を直接浴び続けるなどの外的な要因で塗膜は大幅に劣化してしまいます。

一般的な戸建て住宅の場合、最低でも新築から10~15年で塗り替えが必要です。10年を経過したあたりから劣化症状が見られるようになりますので、7~10年のスパンで塗り替えをするのが最適なタイミングといえるでしょう。

工事を行うべきか判断に迷う場合は、専門の業者に相談をしながら適切な時期に必要な工事を行うことをおすすめします。

外壁塗装に適している時期と適していない時期

外壁塗装を依頼する際には、適した時期とそうでない時期があることを理解しておかなければなりません。

雨や雪などの心配が少なく、天候が比較的安定している秋がおすすめです。お住まいのエリアによっても状況は異なるものの、大体10~11月が外壁塗装のベストシーズンといわれています。雨や雪などの天候によって休工してしまうリスクも少なく、塗料もよく乾くため、予定どおりの工期で作業が進むでしょう。

外壁塗装の工事中は、家全体が飛散防止シートに覆われるため、日光が遮断されるだけでなく、窓を開けて換気しづらくなってしまいます。そのため、なるべく短い工期で済ませられる秋のシーズンが非常におすすめです。

ただし、これらの時期はどうしても工事で混み合う時期でもあります。希望通りの日程で工事を請け負ってもらうためにも、なるべく早い段階で業者に相談することが大切です。

横浜市の気候

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
平均温度(℃)5.45.9913.417.620.824.425.722.917.912.98
平均低温(℃)2.635.910.515.218.822.623.920.915.810.45.4
平均高温(℃)8.59.112.116.120.122.826.327.725.120.215.510.9
降水量757912511713216513711218920610665
湿度(%)62% 65%66%73%78%84%86%84%80%76%72%65%
雨の日(日々)57989109910975
日照時間(時間)7.26.87.68.49.28.89.29.07.96.96.66.8

世界各都市の気候データ( https://ja.climate-data.org/ )
Data: 1991-2021 平均低温 C), 平均高温 C), 降水量, 湿度, 雨の日. Data: 1999 2019: 日照時間 より引用

最低降水量月と最高降水量月の降水量の差は141 mmです。年間の気温変動は20.3 °Cです。気候データの読み方のヒント:各月の降水量(mm)、平均気温、最高気温、最低気温(摂氏と華氏)があります。最初の行の意味:1月、2月、3月、4月、4月、5月、6月、7月、8月、9月、9月、10月、11月、12月。

相対湿度の最低値は1月に62.09%で、最高値は7月に86.10%です。平均的に、最も少ない雨の日は1月で6.73日あり、最も雨の日が多いのは6月で13.90日です。

記事の執筆者 / 住宅ノート編集部

外壁塗装でお役に立つコラムの執筆や業者様の開拓を行っています。部内の大半が取材を通して書き上げるライティング経験が豊富で、コラムに関して自社メディアのみならず大手企業様からの執筆依頼なども多く引き受けています。

悪徳業者の手口を知ろう

外壁塗装工事において、業者選びは極めて重要です。信頼性のある業者を見つけることが肝要です。
以下では、外壁塗装の悪徳業者のいくつかの手口について紹介します。これらの情報を参考にして、悪徳業者に騙されないよう心がけてください!

1. 突然の訪問営業

悪徳業者の典型的な特徴の一つは、自宅への訪問です。特に、緊急性を強調してくる業者はほぼ確実に悪徳業者です。その際は、すぐに話を切り上げて帰ってもらうように心がけましょう。
彼らは会話を深めることで、「この家で契約を取れるかもしれない」と考え、あなたを誘導しようとします。『 見積もりだけでもいいですか?』 と提案された場合も注意が必要です。これは悪徳業者が本気で交渉しようとしている合図です。
彼らの話に巻き込まれると、家に営業担当者を上げてしまうことがありますが、一度その流れに乗ってしまうとなかなか帰ってもらえなくなることがあります。ですから、「この人は信用できない」と感じた瞬間に断る勇気を持ちましょう。

2. 大幅な割引

少しでも塗装の費用を抑えたいという希望につけこんで、「今ならキャンペーンで足場代0円でできます!」といった大幅な値引きを提示するのは、悪徳業者の一般的な手口です。
外壁塗装や屋根塗装が高額になるのは、塗装業を運営する上で不可欠な費用がかかるためです。特に足場代は、どれだけ努力しても最低限の金額を超えないと難しいです。
このような業者は、費用を無料と謳いながら他の部分で隠れた料金を取ることがほとんどです。美味しい話には裏があると心に留め、甘い言葉に惑わされないように気を付けましょう!

3. 工事費用全額前払いを求めてくる

通常、外壁塗装の工事費用は工事が完了してから支払うのが標準的な流れです。工事が前に進む前に支払いを求める業者には注意が必要です。前払いをしてしまうと、業者が逃げてしまったり、施工の不備を後から修正するために追加料金を求められたりする可能性があります。もし工事を依頼しようとしている業者が前払いを要求してきた場合は、即座に断りましょう。できれば、その業者との契約そのものを避けることが安心です。
さらに、工事費用の一部を先払いするといった提案にも注意が必要です。こうした手法はさまざまですが、先払いが要求される場合は疑うべきです。信頼されている地域や全国的な業者であれば、ある程度の収益があるはずで、急いで前払いを受ける必要はありません。

4. 不安や緊急性を煽ってくる

もし不安を煽り、契約を急かす業者に巡り合った場合、その業者はほぼ確実に悪徳業者です。こうした業者との契約を避けるように心がけましょう。『 急いで塗装しないと雨漏りなどの被害が起こる可能性があります』 といった主張は、一般的な煽り文句の特徴です。
外壁塗装は、短期間で劣化するものではありません。外壁の状態を正確に評価するためには、詳細な点検が必要です。したがって、外観を見ただけや表面的な情報だけで、もっともらしく語る業者の言葉を信じてはなりません。

横浜市で塗装業者とトラブルになってしまった場合に相談できる機関

横浜市 消費生活総合センター

所在地〒233-0002 神奈川県横浜市港南区上大岡西1丁目6−1 ゆめおおおかオフィスタワ 4階
電話番号045-845-6666
Google
ビジネスプロフィール
https://maps.app.goo.gl/D8k8CqEikUbcZeTg7
該当地域一覧

青葉区、瀬谷区、旭区、都筑区、泉区、鶴見区、磯子区、戸塚区、神奈川区、中区、金沢区、西区、港南区、保土ケ谷区、港北区、緑区、栄区、南区

住まいるダイヤル(国土交通大臣指定の相談窓口)

電話番号0570-016-100
03-3556-5147
電話受付10:00〜17:00(土、日、祝休日、年末年始を除く)

全国どこからでも通話可能

お役立ちコラム

関連記事
施工実績344件突破!WEB割キャンペーン実施中!